So-net無料ブログ作成
検索選択

スピネット・ワークショップ(報告)

3月25日のスピネット・ワークショップのご報告です。
茨木市のローズWAMホールにて行われ、約100名のお客様にお越しいただきました。

第1部
1.お話と演奏
 アンナ・マグダレーナ・バッハの音楽帳を中心に
2.ショパンとバッハ
3.スピネットの工夫について
4.スピネット演奏

第2部
・体験コーナー
・4台のスピネットによるカノン


桃山台教室からは小学2年生の女の子が、都島教室からは作曲、音楽理論の大人の生徒さん(森先生が指導)が2名参加されました。
他には私の個人的な演奏会に来てくださっている方などが遠方にも関わらず、お越しくださいました。

演奏コーナー
IMG_52701.jpg
ソロではD.スカルラッティのソナタ ハ長調 K.513を演奏

IMG_52731.jpg
Inventioの仲間、浜本佳世子さんとF.クープランのジュリエを演奏

体験コーナー
IMG_52861.jpg
Inventioの仲間で大阪音楽大学助手として学生の指導もしているチェンバリスト京谷政樹さんによるワンポイントレッスンです。

小2のAちゃんは、ワークショップの内容に合わせて、アンナ・マグダレーナ・バッハの音楽帳の中のメヌエットを準備していきました。

IMG_52881.jpg
別のスピネットでも演奏

この2台の楽器、教室にあるスピネットと同じタイプのものですが弾いてみると1台ずつ音もタッチも違います。

4台のスピネットによるカノン
IMG_52912.jpg
ワークショップの最後にJ.パッヘルベルのカノンをスピネット4台とトラヴェルソ、ヴィオラで演奏

後日Aちゃんは教室のスピネットと2段鍵盤の両方のチェンバロでメヌエットを仕上げました。
同じ曲を4台の楽器で弾いたことになります♪

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。